矯正治療・裏側矯正なら反町駅の歯医者「横浜 まつざわ矯正歯科」|小児矯正 横浜まつざわ矯正歯科 〒221-0825 神奈川県横浜市神奈川区反町2-14-5

矯正歯科治療
無料相談

  • 矯正歯科専門医院
  • 土曜診療
  • 反町駅徒歩3分
  • 横浜駅から10分

小児矯正

認定医がお子さまの
お口の成長をサポートします

「子供の歯並びが気になる…」「あごが小さいけど大丈夫かな…」など、お子さまのお口を気にされている親御さまは多くいらっしゃいます。また、「小児矯正はいつからしていいの?」と疑問を持たれる方も少なくありません。

反町駅徒歩3分の場所にある「横浜 まつざわ矯正歯科」では、あごの成長を正しく促し、お子さまの歯並びを整える小児矯正を行っています。知識・経験豊富な認定医が担当するので安心してお任せください。

小児矯正は矯正専門の
歯科医師のもとで行いましょう

小児矯正は矯正専門の歯科医師のもとで行いましょう

子供の頃にしかできない小児矯正は、お子さまの将来に有意義なものになります。あごの成長を利用する治療であり、矯正効果をコントロールしやすく、大人になってから矯正治療する場合も抜歯リスクを抑えることが可能です。

ただし、頭やあごの成長は個人差があり、効果が大きく出る時期とそうでない時期があります。そのため、矯正医による適切な判断が重要です。お子さまの矯正治療で最大限の効果を得るためにも、知識・経験豊富な認定医のいる当院にご相談ください。

小児矯正を始めるタイミングは
いつから?

小児矯正を始めるタイミングはいつから?

個人差はあるものの、小学生になる6~7歳くらいが、小児矯正を始めるタイミングの目安です。大きくなってからだと、あごの成長が止まってしまうため、矯正効果を得にくくなる可能性があります。

当院では、成長具合を見極めて検討し、お子さまに合わせたベストなタイミングで矯正治療を進めます。「いつから矯正治療を始めれば良い?」「まだ早すぎる?」といった疑問があれば、早目にお気軽にご相談ください。

子供のうちに矯正治療を行う
メリット

子供のうちに矯正治療を行うメリット

  • 大人になってからの矯正治療で抜歯する可能性が減る
  • あごの成長を正しく促して、機能的な噛み合わせへ導きやすい
  • 鼻の通りが良くなり、口呼吸の改善や、風邪をひきにくくなる
  • 将来歯を抜かなくて済む可能性が高くなる
  • より機能的な噛み合わせをつくれる

歯並びの良し悪しは、お子さまのお口の状態や、成長具合によって変わります。小児矯正では、あごの成長を正しく促し、歯並びを整いやすくするための土台づくりをする治療です。あごが正しく成長すれば、大人になってからの矯正治療で抜歯リスクが減ったり、より良い噛み合わせをつくれたりします。

また、あご周辺の成長が促されることで、鼻の通りがスムーズになり、口呼吸やいびきの改善といったメリットも得られる可能性もあります。

頑張るお子さまのために
負担を抑える矯正治療を

頑張るお子さまのために負担を抑える矯正治療を

子供時代は学業や部活、習い事、スポーツ、遊びと、さまざまなことを全力で経験する時期です。当院では、そんな頑張るお子さまのことを考え、矯正治療の負担を少しでも軽くしたいと考えています。日常生活でなるべく邪魔にならず、短い期間かつ治療の効果はできる限り最大限にするよう、最善を尽くします。

小児矯正で使用する装置の種類

床矯正
床矯正
あごの幅径をゆっくり拡大して歯が生えるスペースを確保する可撤式(取り外しできる)装置です。
急速拡大装置
急速拡大装置
数kg単位の強い力で上顎を外側へ押し広げ、歯が生えるスペースを確保する固定式の装置です。
ヘッドギア
ヘッドギア
上顎の奥歯を後ろに移動させ、前の歯が生えるスペースをつくるための、可撤式装置です。
BJA(機能的歯科矯正装置)
下顎の成長を正しく促し、上顎前突(出っ歯)や過蓋咬合(深すぎる噛み合わせ)を改善する可撤式装置です。
MPA(上顎前方牽引装置)
上顎を前方に成長させ、下顎の成長を抑制させることで反対咬合(受け口)を改善する装置です。
前歯部ブラケット
歯にブラケットという装置を取り付け、歯を動かして歯並びを整える装置です。

トップに戻る